オンラインショップ
予約・問い合わせ
tel
map
オンラインショップ
ご予約はこちら
  1. TOP>
  2. メニュー一覧>
  3. ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは

新しい皮膚の再生を促す
ケミカルピーリング:新しい皮膚の再生を促す
新しい皮膚の再生を促す

ケミカルピーリングは、グリコール酸、サリチル酸などの薬剤で毎日の洗顔では落としきれない表皮の古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促すことで、シミや小じわの改善・予防します。
さらに、ニキビや肝斑、くすみや毛穴の詰まり、肌のざらつきを改善し、透明感のある柔らかな肌質に導くことで、化粧ノリもアップします。

このような方へおすすめ

  • ニキビで悩んでいる、またはニキビ跡で悩んでいる方
  • 毛穴に悩んでいる方や毛穴詰まりが気になっている方
  • 肌のごわつきが気になり、滑らかな肌を取り戻したい方
  • くすみや小じわが気になり、透明感のある血色の良い肌になりたい方
  • 肝斑や炎症後色素沈着が気になり、治療を考えている方
  • 紫外線による影響の、光老化(しみ、しわ、たるみ)が気になる方

ケミカルピーリングの特徴

肌トラブルの原因はターンオーバーの乱れ

本来、健康な肌は約28日周期で新しい皮膚に置き換わります(ターンオーバー)が、様々なダメージを受けたり、加齢とともにこの周期が乱れ、肌表面に残った古い角質が溜まり新陳代謝が悪くなることで、くすみ・毛穴の開きや黒ずみ・ニキビ・小じわなどの様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

古い角質を除去し肌トラブルを改善

ケミカルピーリングを使用する薬剤は、古くなった角質を剥がれやすくするとともに、肌のターンオーバーを活性化し、角質層同士の結びつきを弱める働きがあります。古い角質が取り除かれた後に、真皮に炎症を与え、コラーゲンの再生を促すことで、新しい角層の生成が促されます。

ドクターからの一言

他の治療と組み合わせることで、より効果を上がることも可能です
長尾沙也加:ドクターからの一言
他の治療と組み合わせることで、より効果を上がることも可能です

当院でもとても人気な治療で、多くの患者様にご支持いただいております。

定期的な治療をお受けになっている方も多く、皮膚のターンオーバーの観点から治療間隔を2週間以上あけて来院していただいており、肌の状態によりますが1ヶ月前後の間隔で施術をお受けになる方が多いです。

また、美肌レーザーや毛穴治療の前に、ケミカルピーリングを組み合わせると、古い角質が取れるのでレーザーの効果も高まります。さらに、治療の目的に応じてフォトフェイシャルやHIFU(ハイフ)、レーザーフェイシャルなど他の治療と同時にお受けいただくと、目に見えて美肌に近づいていることを実感いただけます。

またお顔だけではなく、エイジングの気になる首、デコルテ、大人ニキビの多いあご裏や背中、二の腕の毛孔性苔癬などもご相談が多い部位です。今まで美容皮膚科医として多くの患者様の治療、多くの症例にあたってまいりましたので、気兼ねなく安心してお問い合わせください。

取り扱い商品

マッサージピール(PRX-T33)
マッサージピール(PRX-T33)
マッサージピール(PRX-T33)

真皮層で新しいコラーゲンを作り出し、お肌の質感を改善していきます。コラーゲン生成の促進等の肌にハリ・弾力を蘇らせつつも、術中の痛みや赤みなどの不快な症状を低減しています。コウジ酸配合によるワンランクアップした美白効果も得る事ができ、老化した肌に対しても効果的です。

レチノールピール
レチノールピール
レチノールピール

コラーゲン産生、シミ改善、皮脂コントロールを叶えるピーリング。美容効果も肌刺激も高いレチノイン酸の前段階である「レチノール誘導体」をナノカプセル化(リポソーム)化することで、赤みや刺激、痛みなどが抑えられ、肌トラブルを回避しながら安全に効果を引き出します。

サリチル酸マグロゴール
サリチル酸マグロゴール
サリチル酸マグロゴール

ピーリング効果を落とさずに皮膚ダメージや痛みを限りなく軽減されています。皮膚の表面を溶かして、ターンオーバーを正常に戻すことによって、毛穴が塞がるのを予防し、ニキビになるのを防ぐ効果があります。また、皮脂分泌過多の改善も期待できます。

ケミカルピーリングの詳細

施術時間
約15~20分
施術中の痛み
ピリつく場合があります。
メイク
施術直後から可能
ダウンタイム
ピーリング後は少しほてり感や、赤み、かゆみを伴うことがあります。その後、2~3日は皮膚のつっぱり感や、かさつきが出現することがあります。また、部分的にかさぶたになることがありますが、無理に取らないようにしてください。
効果持続期間
2・3週間おきに1回。
回数を重ねるごとに、よりご実感があり、症状が改善していきます。

よくあるお問い合わせ

痛みはありますか?
ピーリングの薬剤は、pHの低い酸性のものなのすが、処置中の数分間はピリピリ感やむずがゆさを感じます。
処置後は十分にクーリングします。頻度は少ないのですが、数日間お肌の赤みや乾燥を感じる方もいらっしゃいます。
施術後気をつけることはありますか?
ホームケアでは必ずしっかり保湿をして日焼け止めを使用してください。
施術を控えた方がいい人はいますか?
妊娠中の方、皮膚炎や皮膚感染症にかかっている方、皮膚の乾燥が強い方、数日以内に強い日焼けをする可能性のある方などは処置を受けることができません。
また、ニキビの治療薬やレチノール入り化粧品、ホームピーリング剤を使用中の方は、必ずご申告ください。

料金一覧へ