オンラインショップ
予約・問い合わせ
tel
map
オンラインショップ
ご予約はこちら
  1. TOP>
  2. メニュー一覧>
  3. 切らない目の下の脱脂術

切らない目の下の脱脂術とは

目元にハリ、若々しさを取り戻す目の下のクマ治療
目元にハリ、若々しさを取り戻す目の下のクマ治療
目元にハリ、若々しさを取り戻す目の下のクマ治療

目の下のクマ、たるみは、年齢より老けて見られてしまったり、疲れた印象を与えてしまったりと、多くの方を悩ませるエイジングサインです。
こうした加齢によって目立ってくる目の下のクマの多くは、目の下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)が原因で生じます。
脂肪が原因なので、コスメやマッサージでの改善は難しいですが、原因である脂肪を取り除くことで、目元にハリがよみがえり、印象をぐっと明るくさせることができます。
デリケートな目元の治療ですが、当院では、「切らない、痛くない」施術に努めることで、傷跡を残すことなく、安心してお受けいただける施術を実践しています。

このような方へおすすめ

  • 目の下のクマでお悩みの方
  • メイクをしても疲れている印象を受ける方
  • 目の下のたるみが気になる方
  • 目の下の脂肪のふくらみがある方
  • 年齢とともに涙袋が見えなくなったと感じている方

切らない目の下の脱脂術の特徴

目の下のクマ、たるみの原因とは

涙袋から頬にかけて、きれいなカーブを描いている肌は、若々しく印象を与えてくれます。
ところが、加齢などによって目の下にある眼窩脂肪が突出してくると、目の下に凹凸ができ、影が生じます。この“影”が目の下のクマの原因となり、お顔の印象を暗く、老けた印象にしてしまいます。また、脂肪のふくらみによって涙袋がうもれてしまい、“目力”が弱くなってしまうこともあります。
このように眼窩脂肪の凹凸が原因のクマは、コスメやマッサージで解消することや、メイクで隠すことが難しいのが特徴です。
眼窩脂肪の突出は、加齢によるものがほとんどですが、生まれつき眼窩脂肪が多い人は突出しやすく、クマができやすことがあります。

目の下のクマ、たるみの原因とは
たるみ症状に合わせて最適な治療を提案

目の下のクマやたるみは、次のような複数の症状が絡み合って引き起ります。

  • 脂肪のたるみ
  • 筋肉のゆるみ
  • 皮膚のたるみ
  • 皮下脂肪(頬)の減少

目元はとてもデリケートで、たるみの状態も一人ひとり異なります。当院では、丁寧にカウンセリングを行うことで症状を見極め、ただ脂肪を取り除くだけでない最適な治療法をご提案しています。

お悩み別、目の下のクマ治療

切らない目の下の脱脂(経結膜的下眼瞼脱脂術)
  • 目の下のクマの原因:眼窩脂肪の突出

いわゆる「目の下のクマ」でお悩みの方の症状です。目頭から頬にかけてくぼんでいるように見えたり、皮膚が青黒っぽく見えたりします。
年齢を重ねると、眼球を支える力が弱くなり、徐々に眼球は下垂してきます。それによって目の下にある眼窩脂肪が押し出され、手前に飛び出してきます。突出した脂肪による凹凸によって陰影ができ、目の下のクマが生じます。
突出した脂肪が少ないときは「ヒアルロン酸注射」で凹凸をフラットにすることで解消もできますが、脂肪量が多い方の場合、ヒアルロン酸を注入すると腫れぼったくなってしまうため、脂肪を取り除く「目の下の脱脂」をおすすめしています。不要なものを取り除く施術なので、1回の施術でも大きな効果が期待できます。
「目の下の脱脂」は、眼窩脂肪を取り除く施術のため、抵抗感のある方がいらっしゃいますが、脂肪は、下まぶたの裏側を数mmほど切開して、脂肪を丁寧に取り除きます。肌表面を傷つけないので、傷跡が残る心配もなく、切開範囲もわずかなので、縫合も抜糸の必要もありません。個人差はありますが、内出血や痛みも少ない方がほとんどです。内出血があった場合も、コンシーラーなどで隠せる程度なので安心です。

切らない目の下の脱脂(経結膜的下眼瞼脱脂術)
目の下の脱脂 + 余剰皮膚切除
  • 目の下のクマの原因:眼窩脂肪の突出、皮膚のたるみ

脂肪の突出だけでなく、皮膚のたるみも進行している方は、脂肪を取り除くだけだと、シワが目立つようになってしまいます。
そのような場合、脂肪の除去とともに、たるんでしまった皮膚を少しだけ除去します。皮膚の表面から切除するため、ダウンタイムがやや強くでることがありますが、クマも小ジワも解消されるので、目元の印象がぐっと若々しくなります。

目の下の脱脂 + 余剰皮膚切除
目の下の脱脂 + 余剰皮膚切除 + 眼輪筋引き上げ
  • 目の下のクマの原因:眼窩脂肪の突出、皮膚のたるみ、筋肉のゆるみ

お顔の加齢症状は、目元だけでなく、頬でも同時に進行していきます。
頬の脂肪はお顔の下へ下へと下垂していくため、目の下周りの脂肪はボリュームが減少します。そのため脱脂を行うことで、目の下のくぼみや、目頭から頬にかけてのゴルゴラインが目立つようになり、目の下のクマが濃くなったように見えることがあります。
このようにお顔全体のバランスを考え、頬のボリューム減少が起きている方には、ヒアルロン酸注射か、ご自身の細胞を使用する脂肪注入の同時施術をおすすめしています。目の下のクマだけでなく、頬のたるみ症状にもアプローチするので、お顔全体に若々しい立体感が生まれます。

目の下の脱脂 + ヒアルロン酸注射(脂肪注入)
  • 目の下のクマの原因:眼窩脂肪の突出、皮下脂肪(頬)の減少

年配の方など、目の下に脂肪によるふくらみが大きくでている方がいらっしゃいます。こうした方は、たるみ症状がかなり進行しており、眼窩脂肪を支えている眼輪筋もゆるんでしまっています。
この場合、脂肪除去。皮膚切除に加えて、ゆるんでしまった眼輪筋を引き上げる処置を行います。複数のたるみの原因を一度で取り除くので、高い若返り効果が期待できます。

ドクターからの一言

短い施術時間で長年の悩みが解決します
長尾沙也加:ドクターからの一言
傷跡がなく、痛みの少ない施術にこだわっています

目元の加齢症状は、複数の要因が同時進行して起こるので、とても複雑でデリケートです。しかも、目元はお顔の印象を決めるとても大切なパーツなので、最初に丁寧に診察を行い、症状や治療内容をプランニングさせていただきます。

脱脂=脂肪を取り除く、と聞くと抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、目の下の脱脂だけでしたら、皮膚表面に傷跡が残ることはありません。また表面を切開するような場合でも、傷跡を残さず、痛み、内出血を最小限に抑える治療を行っていますので、安心してお受けいただけます。

目の下の脱脂術の詳細

施術時間
約60~120分(施術方法により異なります)
施術中の痛み
麻酔を行うため痛みはほとんど気になりません。
メイク
術後4日目から可能です。
ダウンタイム
施術方法によって、数日~数週間ほど軽い内出血が残る場合がございますが、時間と共に徐々に落ち着きます。
洗顔
当日から可能ですが、目元をこすらないよう優しく洗ってください。
入浴・シャワー
シャワーは翌日から、入浴は術後8日目から可能です。
コンタクトレンズ
術後8日目から使用可能です。
注意点
施術後2週間程度は、飲酒、サウナ、長風呂、激しい運動は内出血のリスクを高めるのでお控えください。

料金一覧へ