オンラインショップ
予約・問い合わせ
tel
map
オンラインショップ
ご予約はこちら
  1. TOP>
  2. メニュー一覧>
  3. 目頭切開

目頭切開とは

たた数ミリの切開で、印象的な目元に
たた数ミリの切開で、印象的な目元に
たた数ミリの切開で、印象的な目元に

目頭切開は、目頭の皮膚を数ミリ切開することで、目を大きく見せる施術です。離れ目の解消や、平行型のくっきりとした二重になりたい方におすすめの施術です。
二重埋没法、全切開二重術など二重整形と一緒に受けると、相乗効果でより大きく印象的な目元になれます。

このような方へおすすめ

  • ぱっちりとした大きな目になりたい
  • 平行型の二重になりたい
  • 離れ目を解消したい
  • メリハリのある目元になりたい

目頭切開法の特徴

メリハリのある華やかな目元に

東洋人の目元は欧米人と比べて、目頭部分が白目を覆うように皮膚があることが多いです。この目頭部分の皮膚を蒙古襞(もうこひだ)と言います。特に、一重や奥二重の方に多く、蒙古襞があるために目が小さく見えたり、目と目の間が離れて見えてしまったりします。
目頭切開は、この蒙古襞を切開して目頭を広げる方法で、大きくぱっちりした目元を叶える治療です。目元にメリハリが生まれるので、華やかな印象になれます。

メリハリのある華やかな目元に
組み合わせ治療でより大きな目元に

二重まぶたには、大きく「平行型」「末広型」の2種類があります。

・末広型
目尻に向かって二重幅が広くなる、東洋人に多いタイプです。
・平行型
目頭から目尻まで二重幅がほぼ一定にある、欧米人に多いタイプの二重です。メリハリがあり、華やかな印象があります。

蒙古襞が強いと通常は一重まぶたか、目尻に向かって広がっていく末広型の二重であるのが自然です。そのため、埋没法や切開法など二重整形の施術だけでは、くっきりした平行型の二重まぶたにはなりにくいため、目頭切開との組み合わせ治療で、目元のお悩みを総合的に解消することができます。

組み合わせ治療でより大きな目元に
目頭切開の手術方法

当院では、主に「Z法」という手法で目頭切開を行います。
目頭部分をZ型に切開して、蒙古襞の緊張を緩めます。二重のラインとつながりやすいように調整しながら、眼輪筋などの処理を行うことで、後戻りが少なく、傷跡の目立たない仕上がりを叶えます。

目頭切開の手術方法

ドクターからの一言

デザイン性の高い二重整形を叶えます
荻島信也:ドクターからの一言
デザイン性の高い二重整形を叶えます

目頭部分の皮膚を少し切開することで、目元の印象を大きく変えてくれるのが目頭切開です。また左右の目と目の間を狭くすることで、鼻筋が通ってみえるといった効果も得られます。
二重埋没法をしたけれど、すぐに取れてしまうというお悩みの方は、目頭切開をすることで解消することもあり、二重整形と組み合わせた治療のご提案も行っています。
「二重まぶた」といっても、平行型、末広型、二重幅などお一人おひとりが希望するデザインは異なります。当院は事前の入念なカウンセリングとシミュレーションで、お顔全体のバランスに合わせて、最適なデザインと治療法をご提案しますので、ぜひ気軽にご相談ください。

目頭切開の詳細

施術時間
60分~
洗顔
翌日から可能です。(施術当日は、目元を濡らさないようお気を付けください)
メイク
アイメイクは抜糸数日後から可能ですが、腫れなどが落ち着くまでは軽いメイクでお過ごしください。
コンタクトレンズ
抜糸3日後から可能です。(施術当日は、メガネをご持参ください)
まつげパーマ・エクステ
抜糸数週間後から可能です。
ダウンタイム
腫れは5日ほど、内出血が2週間ほど続くことがありますが徐々に落ち着いてきます。
抜糸
施術1週間後、抜糸のためご来院いただきます。
注意点
抜糸後3日間程度は、飲酒、サウナ、長風呂、激しい運動は内出血のリスクを高めるのでお控えください。
目周りのマッサージも1ヶ月程は控えていただくようお願いいたします。

料金一覧へ