オンラインショップ
予約・問い合わせ
tel
map
オンラインショップ
ご予約はこちら
  1. TOP>
  2. メニュー一覧>
  3. ハンプ切除術

ハンプ切除術

治療の特徴
鼻筋を通し、スッと高く鼻に

ハンプ切除術とは、鼻の中央部にある出っ張り(ハンプ)を切除して、横から見た鼻のラインを整える治療です。

鷲鼻のせいで大きく存在感のある鼻が気になる、鼻筋をまっすぐにしたい、魔女鼻を改善したい、ゴツゴツした印象から柔らかい雰囲気にしたい、すっきりとしたお鼻にしたいという方にお勧めの治療です。
特に大きいハンプを切除した場合、鼻背部の軟骨や骨が開放され、将来的に溝が形成される等の変形を起こす可能性が生じます。予防としてスプレッダーグラフト(Spreader graft)と呼ばれる軟骨移植を合わせて行うことがあります。

このような方へおすすめ

  • わし鼻が気になる
  • すっきりとしたお鼻にしたい
  • 鼻を横から見た時にストレート、または少しカーブしたお鼻にしたい
  • 魔女鼻が嫌
  • 男性らしいゴツゴツした印象を改善したい
  • 女性らしい柔らかい雰囲気にしたい

THE ROPPONGI CLINICの特徴

鼻のスペシャリストによるダウンタイムを最小限に抑えた世界最先端のハンプ切除術

鼻のスペシャリストによるダウンタイムを最小限に抑えた世界最先端のハンプ切除術
・世界で磨いた高度な技術や世界から厳選した医療器具を使用することで、様々なタイプの鷲鼻に対応することが可能となっています。
・手術中の血圧管理や特殊な医療器具の使用、電動ドリルの使用等でダウンタイムを極限まで抑える工夫を行っております。
・ハンプを切除することにより鼻の通り道が狭くなることから、鼻閉感を感じることがあります。その場合一緒に鼻の通りを良くする治療もあわせて行うことがあり、鼻の綺麗さだけではなく機能面にも目を向けた手術を行っております。
・鷲鼻の改善だけではなく、スプレッターグラフトと呼ばれる処置をあわせて行うことで、将来的な変形も予防する措置を行っております。特にスプレッターグラフトは難易度が高く、視野確保ができるオープン法でしか行えないというクリニックもあるなか、当院では、クローズド法に特化した医療器具の使用や高度な手技、術野の展開により、クローズド法での手術も可能となっております。
ただし、患者様のご希望や皮膚の柔軟性、修正等の場合、必要に応じオープン法になる場合があります。
スプレッターグラフトは適応の患者様にのみ行っております。

鼻先を細くする鼻尖形成の詳細

手術までの流れ
カウンセリング:ベクトラを使用し、3D画像で理想の鼻をシミュレーション
手術前検査:血液検査、CT検査、鼻腔内検査
手術:静脈麻酔、または全身麻酔で行います。
手術後のアフターフォロー:手術後も安心して頂けるよう、定期的な検診やフォローを行っております。
手術内容
1.鼻孔の内側を切開します。(オープン法の場合は鼻柱も切開します。)
2.鼻背部の剥離
3.ハンプ切除(鼻の軟骨や骨をメスにより切除する方法や、削るといった方法、またはどちらの処置も行うことがあります。)
4必要に応じスプレッターグラフト(軟骨移植)
5閉創
主なダウンタイム
腫脹・内出血:約2週間
浮腫み:1ヵ月くらいで落ち着きますが、他の鼻治療と行った場合3~6ヵ月ほどかかる場合があります。
多少の鼻出血:4日程度
鼻水:ピークは1~2週間
鼻づまり:粘膜の腫れによる影響は1ヵ月ほどで落ち着きますが、ハンプ切除を行うことで鼻の通りが狭くなり、鼻閉感が続くことがあります。その場合、鼻の通りを良くする処置もあせて行うことがありますが、改善には個人差があります。
ご自宅でのお過ごし方
固定:テーピングやギプス固定を5日~1週間
シャワー浴:手術翌日より可能
入浴や飲酒:大きな腫れ・内出血が落ち着いた頃から可能
喫煙:感染のリスクとなるため2週間~1ヵ月程度禁煙をお願いしております。
手術の通院目安
(手術後の経過によって変動有、また、ご遠方の方はご相談させて頂きます。)
5日~1週間後:テーピングやギプス除去
3週間前後・2~3ヵ月後・半年後・1年後:検診
主な合併症
凹凸・段差、感染、鼻閉感、後戻り、変形等