オンラインショップ
予約・問い合わせ
tel
map
オンラインショップ
ご予約はこちら
  1. TOP>
  2. メニュー一覧>
  3. 鼻中隔延長術

鼻中隔延長術

治療の特徴
鼻筋を通し、スッと高く鼻に

鼻中隔軟骨に別の軟骨を継ぎ足すことで、鼻先を前方や下方などに延ばします。軟骨を移植する向きを調整することも可能で、様々な効果を期待することができます。例えば、鼻の中心にある鼻柱を下げ長く見せる、小鼻と鼻柱の位置関係を整える、鼻先を上に向けアップノーズにする等の効果が期待できます。
皮膚の粘膜や柔軟性により、延長量には個人差があります
無理な延長は術後の曲がりや不自然な外観の原因にもなりますので、自然な仕上がりと安全性を重視します

このような方へおすすめ

  • 鼻の長さを整えたい
  • 鼻先の角度を整えたい
  • 鼻穴の見え方を改善したい
  • Eラインを整えたい

THE ROPPONGI CLINICの鼻中隔延長術のこだわり

鼻のスペシャリストによるダウンタイムを最小限に抑えた世界最先端のハンプ切除術

土台が曲がった状態で延長することで術後に曲がり等が生じる可能性を予防するために、事前にCT検査へご協力いただき、必要に応じて鼻中隔湾曲の矯正も行います。また術後の鼻閉感へも配慮し、必要に応じ耳鼻科的なアプローチも行います。

鼻先を細くする鼻尖形成の詳細

手術までの流れ
・カウンセリング:ベクトラを使用し、3D画像で理想のお鼻をシミュレーション
・手術前の検査:血液検査やCT検査、鼻腔内培養検査を行い、事前にお鼻の状態や身体の状態を評価、入念な手術計画を立てます
・手術:全身麻酔管理を信頼のおける麻酔科専門に託し術後の腫れの軽減、吐気等がでにくい麻酔管理を徹底しています
・手術後のアフターフォロー:手術後も安心して過ごせるよう、術後長期に渡って責任を持って経過を診させていただきます
手術内容
① 鼻孔の内側を切開するクローズド法と、鼻柱を切開するオープン法、いずれかの方法で行います。
当院では、年間数多くのクローズド法での手術を行っております。展開を工夫することや特殊な道具の使用、内視鏡を駆使することで高度な手術を行うことができ、変化もしっかりと出すことも可能です。ただし、患者様の希望や必要な施術内容(強い斜鼻等)、癒着の強い他院修正等の場合はオープン法を推奨しています。
② 使用する軟骨の採取を行います。
通常、鼻中隔軟骨の土台に関わらない部分を採取し使用しますが、長さや強度に不足がある場合は、肋軟骨も使用することがあります。
③ 延長の程度が過剰、不足とならないよう注意しながら、長さと角度を整えます。
1枚の軟骨を鼻中隔の片側に移植する場合と、鼻尖や鼻柱の傾きが生じる時は、2枚の軟骨を鼻中隔の両側にオーバーラップさせ移植することもあります。肋軟骨を使用する場合は、移植する肋軟骨が真っ直ぐである必要があり、時間の経過による曲がり具合のテストの実施、カットの仕方に工夫をします。

採取できた鼻中隔軟骨が非常に小さい場合、軟骨を鼻中隔の先端に継ぎ足して固定、延長する(end-t o-end)術式を選択することもあります。その場合、軟骨の先端同士を合わせた固定を安定させるために、両側に軟骨を移植し補強します。
主なダウンタイム 個人差がございます
腫脹・内出血:強い腫れは2週間程度
浮腫み:時間の経過とともに落ち着き、3~6ヵ月程かけ改善
多少の鼻出血:4日程度
鼻水や鼻づまり:ピークは1~2週間程
鼻先の赤み:一時的なものの場合、心配ありません
ご自宅でのお過ごし方
固定:ギプス固定を1週間前後、必要に応じ鼻腔内の固定方法を選択
シャワー浴:翌日から可能
入浴や運動、飲酒など:内出血が落ち着く頃を目安に可能
喫煙:喫煙することで血行不良が生じ、傷の治りの遅延や感染の原因となります。そのため、最低でも手術前2週間、手術後2週間~1ヵ月程度の禁煙をお願いしております。
通院の目安
2日前後:耳の固定除去
1週間前後:ギプス除去と抜糸
3週間前後・1ヵ月・2カ月・3ヵ月・6ヵ月・1年:検診
主な合併症
・感染
・感染
・左右差
・曲がり
・後戻り
・鼻中隔穿孔(骨や軟骨を除去する際に粘膜が傷つき、自然に修復されることもありますが、血流が悪くそのまま脱落し孔が開いてしまうことがあります)
・鼻閉の悪化(温存したLストラットに外力が加わることにより生じる)
・鞍鼻(過度な軟骨や骨の除去により生じる)
・術後出血(手術後1週間程度は起こり得ます。鼻中隔や鼻粘膜は血流が豊富なため、稀に大量に出血を伴う場合があります。出血の多い場合は止血の処置を行います)
・その他(傷の開き、傷跡、疼痛、感覚障害、内出血、腫脹、血腫、鼻閉感、糸の露出など)