a
オンラインショップ
予約・問い合わせ
tel
map
オンラインショップ
ご予約はこちら
  1. TOP>
  2. メニュー一覧>
  3. ピコトーニング

ピコトーニングとは

本気でシミ消しするための美白治療
本気でシミ消しするための美白治療
本気でシミ消しするための美白治療

ピコトーニングは、enLIGHTen(エンライトン)というピコレーザーを使用して、肝斑、色むら、くすみなどを改善する治療です。
ピコレーザーは、従来のレーザー治療で代表的に使用されてきたQスイッチレーザーに比べ、格段に早くキレイに、かつ痛みも少ない治療が可能となった画期的なレーザー治療器です。 IPL治療で完全な除去が難しかった薄いシミなどにも、その効果が期待できる最新機です。 調短時間照射(ピコ秒)のため、熱の影響が少ないため、周辺組織へのダメージを大幅に減少させることで施術の痛みを減らし、シミやタトゥーなどの色素を短時間で治療することが可能です。 また、シミやタトゥー除去だけでなく、肌の若返り治療や小ジワや毛穴の開きなど、肌の悩みを改善することができます。

このような方へおすすめ

  • シミ・そばかすが多くて市販のシミ消し対策では改善せず悩んでいる方
  • 肌のくすみや色素沈着を改善して、透明感のあるお肌になりたい方
  • あざ・傷跡を消すための、ちゃんと効果のある方法を求めている方
  • 肌質の改善や毛穴を治療して、ツヤのある滑らかな肌になりたい方
  • 昔に入れてた刺青・タトゥーや、アートメイクを消したい方
  • ダウンタイムが少なく、速く効果が出るものを求めている方

ピコトーニングの特徴

最新鋭の高機能レザー治療器

ピコレーザーは、従来品のレーザー治療器に比べ格段に機能が向上しました。
まず、メラニン色素を細かく破砕することが可能になったことで、体の代謝機能で排泄されやすくなり、従来品の半分以下という少ない治療回数でシミを除去することが可能です(個人差があります)。
さらに、炎症後色素沈着(PIH)を生じにくく、赤みや点状出血の発生を軽減し、キレイにシミ治療が行えます。
また、ピコレーザーは3つの照射モードを備えており、多彩なコンビネーション治療が可能です。
ピコ部分照射というスポット照射では、光治療では難しい薄いシミ治療を行えます。
ピコトーニング照射では、ピコレーザーによる低出力全体照射を行うことで、顔全体の色調のトーンアップし、高いブライトニング効果が期待できます。 さらに、ピコフラクショナル照射では、フラクショナル用ハンドピース(リゾルブ)に切り替え、ピコレーザーを点状に照射することで、メラニンを減らし、コラーゲン増生&肌の再生を促すことが可能になりました。この結果、美白、毛穴の引き締め、ちりめんジワの改善、ニキビ跡の改善により肌質を改善することができます。

ドクターからの一言

今までの美白治療で満足できなかった方へオススメです
長尾沙也加:ドクターからの一言
今までの美白治療で満足できなかった方へオススメです

今までのレーザー治療は、薄いシミに対応できないことが多く、より高いレベルの美肌を目指す患者様のご要望にお応えできずにいました。また、レーザーで起こる光熱反応によって、照射後の黒ずみ(炎症後色素沈着)出てしまうという特性も、大きな障害となっていました。
当院で導入しているピコレーザー(エンライトン)は、このようなレーザー治療器のデメリットを解消した、世界最高峰の治療器です。
ピコレーザーは刺青除去の治療に使うイメージがありますが、肌質改善や毛穴治療など、様々な肌トラブルに大変有効な治療が可能です。532nm、1064nmの2波長で設定できるため、従来より格段に「キレイでかつ早く確実に」施術を行い、照射後に成長因子やトラネキサム酸導入プラスすることで、満足いただける美肌を手に入れることができると信じています。特に今までの美肌治療では満足できなかった方に、ぜひ体験いただきたい、心からおススメする治療です。

ピコトーニングの詳細

施術時間
約5分~10分
施術中の痛み
パチパチと肌をゴムで弾くような痛みを感じる場合があります。麻酔もご用意しておりますのでご相談ください。
ダウンタイム
肌質によっては、赤みが数日残る場合がございますが、時間と共に徐々に落ち着きます。
治療回数
治療の内容により異なりますが、2~4週おきに、施術を進めます。
注意点
紫外線を浴びると色素沈着が生じやすくなりますので、日焼け止め(SPF値が50)を塗って、紫外線対策を行ってください。
治療した箇所の肌が乾燥する場合がありますので、保湿をしっかりと行ってください。

よくあるお問い合わせ

施術後、痛みや腫れはありますか?
肌が弱い方や敏感肌の方の一部に、肌が赤くなり、ほてりが出る場合があります。
その場合、照射後に保冷剤などで肌を冷やしていただくと、数分から数十分程度でほぼ赤みやほてりは引いていきます。
肌が強い方は、ほとんど赤みやほてりが出ない場合もあります。
治療後の注意点はありますか?
色素沈着になる可能性がありますので、紫外線対策(日焼け対策)は十分にしてください。
治療した箇所の肌が乾燥する場合がありますので、保湿をしっかりと行ってください。

料金一覧へ