オンラインショップ
予約・問い合わせ
  1. TOP>
  2. メニュー一覧>
  3. 豊胸

豊胸術

大学病院で数多くの乳房手術を行なってきた乳房のスペシャリストによる施術
大学病院で数多くの乳房手術を行なってきた乳房のスペシャリストによる施術

大学病院で数多くの乳房手術を行なってきた乳房のスペシャリストによる施術です。
韓国から習得した最先端の豊胸術を行なっています。日本では対応できる施設がほとんどない、内視鏡を駆使した当院独自のデュアルプレーン(二層下)法により行なっており、一般的に行われる乳腺下法や大胸筋下より美しく自然な触り心地のバストを目指しています。
脂肪注入を併用するハイブリッド豊胸、脂肪のみを注入する脂肪豊胸を積極的に行っております。

施術の種類

シリコンバッグ豊胸
シリコンバッグ豊胸

シリコンバッグを胸に挿入することで、理想の大きさのバストアップを図る豊胸手術です。
数年前までは強い痛みや安全性について問われることもありましたが、現在は技術革新が進み安全で耐久性の高い信頼できるシリコンバッグが開発されています。
また、新薬の登場や、複数の麻酔を組み合わせる技術により、痛みも大幅に緩和され安心して受けていただけるようになりました。

こんな方におすすめ

・確実にサイズアップしたい方
・サイズにこだわりたい方
・生まれつき左右差が大きい方
・注入豊胸では物足りない方
・子育てや加齢で崩れた形を整えたい方
・やせ型の方

シリコンバッグ豊胸の詳細

ハイブリッド豊胸
ハイブリッド豊胸
シリコンバッグ豊胸と脂肪注入豊胸を組み合わせた施術
ハイブリッド豊胸とはシリコンバッグ豊胸と脂肪注入豊胸を組み合わせた施術です。
最新の機器を使い、ご自身の余分な脂肪を吸引し、不純物を除去した後、純度の高い良質な脂肪を胸に注入します。
シリコンバッグ挿入後、より仕上がりがナチュラルになるように様々な層に脂肪を丁寧に注入するので、見た目だけでなく触り心地も自然です。
シリコンバッグによる確実なサイズアップと、脂肪注入による自然な見た目と触り心地というメリットを生かし、豊かで柔らかなバストと気になる部分のサイズダウン、美しいボディライン形成を同時に叶えてくれる人気の施術です。

こんな方におすすめ

・バストを確実にボリュームアップさせたい方
・ボディラインをより美しくしたい方
・痩せていて余分な脂肪が少ない方
・より自然な仕上がりにしたい方
・見た目だけでなく触り心地もよりナチュラルさが欲しい方

ハイブリット豊胸の詳細

脂肪豊胸
脂肪豊胸

脂肪ならではの自然な柔らかさでナチュラルなバストに仕上がります。
自身の太ももや下腹部から採取した脂肪を、豊胸に適した状態に加工してバストに注入する施術方法です。
脂肪ならではの自然な柔らかさで、もとから存在していたかのようなナチュラルなバストに仕上がりま
す。 また、太ももや下腹部の余分な脂肪を胸へ移植するため、バストアップと部分痩せが可能です。 アレルギーや拒絶反応が起こる可能性は低く、バストの感触や動きも自然で、定着した脂肪は半永久的なので無くなることもありません。
脂肪は皮下脂肪層に移植するため授乳に影響なく、レントゲンや乳がん検診も通常通りで問題ありません。

こんな方におすすめ

・人工物を入れることに抵抗がある方
・出産または授乳後、胸が下垂してきた方
・ハリがなくなった方
・半永久的な効果を求めたい方
・大きさだけでなく自然な触り心地を求める方
・バストアップと痩身を同時にもとめる方

脂肪豊胸の詳細

シリコンバッグ豊胸とは

シリコンバッグ豊胸とは

シリコンバッグを胸に挿入することで、理想の大きさのバストアップを図る豊胸手術です。数年前までは強い痛みや安全性について問われることもありましたが、現在は技術革新が進み安全で耐久性の高い信頼できるシリコンバッグが開発されています。また、新薬の登場や、複数の麻酔を組み合わせる技術により、痛みも大幅に緩和され安心して受けていただけるようになりました。

このような方へおすすめ

  • 確実にサイズアップしたい方
  • サイズにこだわりたい方
  • 生まれつき左右差が大きい方
  • 注入豊胸では物足りない方
  • 子育てや加齢で崩れた形を整えたい方
  • やせ型の方

シリコンバッグの特徴

シリコンバッグ豊胸は確実なサイズアップが可能です。サイズは約350種類あり、ひとりひとりの体格にぴったりのバッグを選定いたします。

ジェルが100%詰まったバッグ
ジェルが100%詰まったバッグ
ジェルが100%詰まっているので、挿入後にしわや変形は生じづらいです。また、立ったり寝たりしても自然な見た目になりやすい特徴を持っています。
シルク加工で皮膚の拘縮などの副作用を軽減
シルク加工で皮膚の拘縮などの副作用を軽減
シルクサーフェスという特殊な加工がされているので挿入後の炎症や拘縮が起こりにくくなっています。
安全性が高い
安全性が高い
つなぎ目がない、一体化の構造バッグにすることで強度と耐久性を高めています。エルゴノミックス2は、凝集性が高くジェルの拡散を低減し他のものと比較しても、高い性能が実証されています。
シリコンチップあり
シリコンチップあり
欧米では主流の Q チップ(Q Inside Safety Technology)マイクロチップが埋め込まれています。従来なかった製品情報管理チップがバッグ内部の裏面に入っています。
衝撃に強く、中身が漏れる心配なし
衝撃に強く、中身が漏れる心配なし
6層構造のジェルとコヒーシブゲルの使用により、かなりの耐久性があります。また、万が一破損してもゲルがその場にとどまるため、周囲へ拡散しにくく、悪影響が及びにくくなっています。

取り扱い商品

取り扱い商品
取り扱い商品

エルゴノミックス2
当院では、Establishment Labs 社(コスタリカ製)によって開発された豊胸バッグメーカー(FDA 承認あり)です。従来の豊胸バッグが抱えていた様々な問題点を克服したシリコン充填率 100%の製品です。しっかりとしたボリュームと柔らかく自然な感触になるよう改良された最新のシリコンバッグです。モティバ エルゴノミックスより、伸張性 201%UP、弾力性が 45%向上しております。製品の詳細な情報はバッグ内部の裏側に挿入されているチップに記録されています。

モティバエルゴノミックス2を使用したシリコンバッグ豊胸手術の流れ

  1. 医師によるカウンセリング、デザイン、全身麻酔

    医師から直接、モティバエルゴノミックス2を使用した豊胸手術の方法や、ダウンタイム、日常生活でお気を付けいただく点などをわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。切開する部分をデザインしてマーキング、全身麻酔をしていきます。

  2. 切開、剥離

    脇の下か胸の下を35~40ミリ切開し、
    シリコンバッグを入れる層を剥離します。

  3. シリコンバッグの挿入

    ケラーファンネルを使用し挿入します。使用することで、シリコンバッグの挿入がスムーズになり、切開部分へのダメージが最小限になるため、傷跡がより目立ちにくくなります。
    直接バッグに触れることなく挿入できるため、感染のリスクを軽減できます。

  4. 縫合

    傷跡が目立たないように丁寧に縫合します。

  5. 手術後のアフターフォロー

    治療後、感染予防の薬や腫れを抑える内用薬を処方します。
    手術後も安心して過ごせるよう、術後長期に渡って責任を持って経過を診させていただきます。

バッグを挿入する方法

ダブルレイヤー法(デュアルプレーン法)
ダブルレイヤー法(デュアルプレーン法)
バッグの上半分を大胸筋の下に、下半分を乳腺組織の下に挿入する方法です。大胸筋下法と乳腺下法のいいとこ取りの方法で、乳腺組織や皮下脂肪の少ない方でもお受けいただけます。 デメリットはほぼなく、アニメーション変形が生じる可能性がある程度です。自然な見た目や感触をご希望される方には最もおすすめです。
乳腺下法
乳腺下法
乳腺組織の下にバッグを挿入する方法です。乳腺組織や皮下脂肪がある方に適しています。痛みなどのダウンタイムが少ない方法ですが、リップリング(シリコンバッグのゆがみが見える状態)、バッグ輪郭が浮き出てしまう、感染を引き起こす可能性が高いです。
大胸筋下法
大胸筋下法
大胸筋の下にバッグを挿入する方法です。乳腺組織の少ない方や元々のボリュームのない方が、大幅なサイズアップをする場合に適しています。デメリットは主にアニメーション変形(力を入れると胸が動く)、バッグの上方移動、カプセル拘縮などがあり、バストの形に影響があります。
大胸筋膜下法
大胸筋膜下法
大胸筋の表面にある筋膜の下にバッグを挿入する方法です。ナチュラルな仕上がりになることに加え特にバストが下垂気味の方に用いることが多いです。筋膜の下にシリコンバッグを挿入するため、術後の痛みが強いというデメリットもあります。

切開位置

腋窩(脇の下)
腋窩(脇の下)
脇の下のシワに沿って切開し、そこからスペースを作ってバッグを挿入します。
乳房下溝(胸の下)
乳房下溝(胸の下)
胸の下(バージスライン)に沿って切開し、そこからスペースを作ってバッグを挿入します。

シリコンバッグ豊胸の詳細

施術時間
約2~4時間
(挿入する位置により施術時間は前後します)
麻酔
全身麻酔
痛み
当日〜14 日目までは熱感、鈍痛、圧痛、強い腫れを生じます。
(ピークは当日〜3 日後程度です。安静にお過ごしください。)
バストバンド固定
約1週間は着用ください
下着
約1週間後からノンワイヤーブラ着用可能です。
シャワー
翌日から可能(腕をなるべく上げないでください)です。
入浴
抜糸後から可能です
飲酒
抜糸後から可能です
抜糸
約1週間後
ダウンタイム
2〜3週間ぐらい痛みや内出血があります。
リスク
血腫・感染・左右差・カプセル拘縮・リップリング・シンマスティア・アニメーション変形・痛み・赤み・内出血・傷が開く・糸の露出・肥厚性瘢痕・ケロイド・むくみ・だるさ・痒み・熱感・頭痛・蕁麻疹・発熱、傷痕のもり上がり・凹凸・色素沈着、皮膚の色素沈着、施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ、しびれなどの可能性があります。
※レントゲンに写る場合や、マンモグラフィーをお断りされることがあります。

注意点

下記に該当する方は、安全の観点から治療をお断りさせて頂いております。
下記に該当する方は、安全の観点から治療をお断りさせて頂いております。
  • 18歳未満の方
  • 妊娠中、授乳中、妊活中の方
  • 出産後9ヶ月未満の方
  • 乳腺感染症既往、疑いのある方
  • 重度の基礎疾患(心臓、腎臓、糖尿、循環器疾患)のある方
  • ケロイド体質の方
  • 抗凝固剤などの投与を受けている方
  • 皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • 麻酔によるアレルギーのある方

※今現在服用中のお薬がある方や今までアレルギー反応があった方は、必ずスタッフまでお申し付けください。

メンテナンスを怠った場合

FDA では、シリコンバッグの寿命を約 10 年と設定していますが、11 年以内にはどちらか片方のシリコンバッグは破損する可能性があると言われています。シリコンバッグ豊胸においては、寿命を迎えた際に対処しておくことが重要ですが、必ずしも除去や入れ替えが必須ではありません。 ただし、耐久性の観点からエコーでの破損の有無のチェックは必要になります。疑わしい場合は検診にお越しください。また破損しているにも関わらず放置してしまった場合は、以下のリスクがあります。

  • 胸が変形する
  • 胸が冷たくなる
  • 左右差が生まれてくる
  • 胸が硬くなってしまう
  • 感染を起こしてしまう

特にシリコンバッグ豊胸では、経年劣化を無視することができませんので、注意が必要です。

副作用

術後に以下の副作用が生じることがあります。
術後に以下の副作用が生じることがあります。

術後 2 週間くらいは腫れや内出血が起きやすい状態です。もし、腫れや内出血が現れても徐々に落ち着いていきますのでご安心ください。
バッグを入れることで元々あった左右の胸の形や大きさの差が強調されることがあります。
乳輪や乳頭に知覚異常をきたす場合があります。
まれにバッグが破損することがあります。
一般の手術と同様、まれに麻酔による副作用や感染のリスクがあります。
傷跡が目立ったりしびれなどの神経障害が生じることもあります。

よくあるお問い合わせ

シリコンバッグは年数がたったら抜かないといけないのでしょうか?
破損が疑われない限り、必ず抜去しなければいけないという訳ではありません。
胸の形は変えられますか?
バッグの大きさを調整することで多少、胸の形は変えられますが、大きな変化はあまり期待できません。胸の形は元々の乳腺組織だけでなく、皮膚の伸びや骨格にも影響されるためです。
出産後の授乳時などに何か支障はないでしょうか?
乳腺組織や乳管、つまり授乳に機能する部分にはまったく触れないので、心配はありません。
乳がんの発見が遅れることとかはないのでしょうか?
乳がんは乳腺組織から発生し、バッグはその更に下の層に挿入していきますので、むしろ感知しやすくなります。万が一異変を感じましたら当院にご相談ください。必要があれば総合病院にご紹介いたします。

ハイブリッド豊胸とは

シリコンバッグ豊胸と脂肪注入豊胸を組み合わせた施術

ハイブリッド豊胸とはシリコンバッグ豊胸と脂肪注入豊胸を組み合わせた施術です。
最新の機器を使い、ご自身の余分な脂肪を吸引し、不純物を除去した後、純度の高い良質な脂肪を胸に注入します。
シリコンバッグ挿入後、より仕上がりがナチュラルになるように様々な層に脂肪を丁寧に注入するので、見た目だけでなく触り心地も自然です。
シリコンバッグによる確実なサイズアップと、脂肪注入による自然な見た目と触り心地というメリットを生かし、豊かで柔らかなバストと気になる部分のサイズダウン、美しいボディライン形成を同時に叶えてくれる人気の施術です。

このような方へおすすめ

  • バストを確実にボリュームアップさせたい方
  • ボディラインをより美しくしたい方
  • 痩せていて余分な脂肪が少ない方
  • より自然な仕上がりにしたい方
  • 見た目だけでなく触り心地もよりナチュラルさが欲しい方

ハイブリッド豊胸の特徴

シリコンバッグ豊胸と脂肪吸引注入を合わせているので、バストアップだけでなく痩身が叶うことが最大の魅力です。
ボリューム感のある、自然な見た目と触り心地のバストを実現できます。また、シリコンバッグ豊胸のみだと起こりやすいリップリングのリスクを下げ、より左右差を少なくすることで、理想のバストをつくり上げます。

ザロク式 ハイブリッド豊胸術のこだわり

乳房再建に秀でた形成外科専門医によるこだわりの豊胸術です
乳房再建に秀でた形成外科専門医によるこだわりの豊胸術です

  • 当院では、豊胸と乳房再建に秀でた形成外科専門医が見た目も触り心地も自然なお胸になるようこだわりを持って豊胸術を行っております。
  • 術前に3D シミュレーションを用い患者様が術後の状態をイメージしやすくし、安心して手術に臨めるように丁寧なカウンセリングを行っております。
  • 当院では、難易度が極めて高い手術方法ですが、リスクが軽減できるデュアルプレーン法を採用しております。
  • 難易度が高い手術でもより安全に、また、ハイクオリティでベストな結果をご提供できるよう、特殊な内視鏡や海外から取り寄せた様々な器械を取り揃えております。
  • 術後になるべく痛みが少ない状態でお過ごしいただけるように、丁寧で確実な手術を心がけております。また、術後の痛み止めも多数ご用意しております。ご希望があれば、長時間作用型の麻酔(エクスパレル®)も使用できます。(オプション)

デュアルプレーン法とは
デュアルプレーン法とは

大胸筋の一部を切開し、シリコンバッグの上の部分は大胸筋の下におき、下の部分は乳腺下に置く手術です。比較的新しい方法で、バッグが頭側にずれるのを防ぎ、小さくて垂れている胸を大きく自然な形に仕上がり、胸の筋肉の収縮のために起きるシリコンバッグの変形を防ぐことができます。

ハイブリッド豊胸手術の流れ

脂肪採取は、ご自身の太もも内側または下腹部などの脂肪の多い部位より採取します。
脂肪採取は体のどの部位からでも良いというわけではありませんが、なるべく線維質の少ない脂肪を採取します。
カニューレと呼ばれる細い管を使用し、丁寧に脂肪を吸引します。脂肪注入を目的としているので、吸引部が極端に痩せることはありませんが、美しいボディラインとなるよう工夫します。
必要に応じて脇の余分な脂肪を吸引し、胸の立ち上がりが綺麗になるような施術を行うことがあります。

  1. 医師のカウンセリング、デザイン、全身麻酔

    医師から直接、ハイブリッド法についてご説明いたします。施術決定後、手術の方法や、ダウンタイム、日常生活でお気をつけ頂く点などをわかりやすく丁寧にご説明させて頂きます。施術当日にデザインマーキングを行い、全身麻酔をしていきます。

  2. 脂肪吸引

    太ももや下腹部などの部位より専用のカニューレを使用し脂肪を採取します。

  3. シリコン・脂肪注入

    シリコンバッグ挿入後、脂肪を注入していきます。バッグを挿入した傷から注入することが多いですが、場合によっては数か所数ミリの傷をつくる場合があります。 その後、傷を縫合していきます。細い糸を使うので、最終的に傷はほとんど目立たなくなります。最後にバストを固定させるために、圧迫着衣(バストバンドなど)を装着して終了です。

  4. 手術後のアフターフォロー

    麻酔の効果が切れ始めると脂肪吸引をした箇所など重い筋肉痛のような痛みが現れます。痛み止めを服用することで(手術費用に含む)痛みを抑えらます。バストの大まかな腫れや内出血は1 ~ 2週間、1週間程度は痛みや腫れが続きますが、1ヶ月を過ぎると気にならなくなることがほとんどです。

  5. 1 ~ 2週間のダウンタイム

    手術後、1週間経過したら抜糸を行う必要があり、それまで入浴など患部を湯船につけないよう気をつけましょう。さらにそこから1週間は痛み・腫れが1ヵ月を過ぎると気にならなくなる程度まで落ち着きます。 最低でも抜糸までは安静にしていただき、重い物を持ち上げたり腕を高く上げることはお控えください。術後1ヵ月からは、ほぼ通常通りの生活をしていただいて構いません。術後のマッサージは不要です。

  6. 完成は約3か月

    ダウンタイムやバストの形、大きさが落ち着くのは術後3か月ごろからで、脂肪注入した脂肪の定着がこの頃に確定します。 脂肪吸引された箇所についてはむくみ・拘縮・しびれ・色素沈着などが半年~1年かけて回復していきます。

ハイブリッド豊胸をする方法

脂肪採取→遠心分離→廃液を除去し純度の高い脂肪を抽出し注入します。

脂肪吸引
脂肪吸引

吸引のため数ミリの傷ができ、傷跡は残りますが、最終的にほとんど目立たなくなることが多いです。脂肪吸引部位の凹凸や色素沈着、左右差は残る場合があります。

脂肪注入
脂肪注入

注入の際に数ミリの傷をつくることがあり、傷跡は残りますが、最終的にほとんど目立たなくなることが多いです。

効果の持続
効果の持続

6か月後で定着率は約60~30%ぐらいです。
※個人差があります

メリット
メリット

自然な形と感触のバストになります
脂肪が少ない方でも、確実なボリュームアップが可能です
半永久的な効果を期待できます
部分痩せ効果が得られます
綺麗なボディラインになれます

デメリット
デメリット

アレルギー反応のリスクがある
変形のリスクある
ダウンタイムがやや長い
皮膚にしこりや凹凸ができるリスクがある

ハイブリッド豊胸の詳細

施術時間
3~6時間
(バッグの挿入部位、脂肪採取部位に応じ前後します)
麻酔
全身麻酔
痛み
当日~14 日目までは熱感、鈍痛、圧痛、強い腫れを生じます。
(ピークは当日~3 日後程度です。安静にお過ごしください。)
傷跡への配慮
仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの維持期間にもこだわり、内出血や組織の損傷を最小限にするため、特殊な器具やオーダーメイドの器具を使用しております。
バストバンド固定
約 1 週間は着用ください。
下着
約1週間後からノンワイヤーブラの着用が可能です。
シャワー
翌日から可能(腕をなるべく上げないでください)です。
入浴
1週間ほどお控えください。
飲酒
抜糸後から可能です。
抜糸
約2週間後
ダウンタイム
2~3 週間程度痛みや内出血が続くことがあります。
リスク
血腫・感染・左右差・カプセル拘縮・リップリング・シンマスティア・アニメーション変形・痛み・赤み・内出血・傷が開く・糸の露出・肥厚性瘢痕・ケロイド・むくみ・だるさ・痒み・熱感・頭痛・蕁麻疹・発熱、傷痕のもり上がり・凹凸・色素沈着、皮膚の色素沈着、施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ、しびれなどの可能性があります。
※レントゲンに写る場合や、マンモグラフィーをお断りされることがあります。

注意点

下記に該当する方は、安全の観点から治療をお断りさせて頂いております。

  • 18歳未満の方
  • 妊娠中、授乳中、妊活中の方
  • 出産後 9か月未満の方
  • 乳腺感染症既往、疑いのある方
  • 重度の基礎疾患(心臓、腎臓、糖尿、循環器疾患)のある方
  • ケロイド体質の方
  • 抗凝固剤などの投与を受けている方
  • 皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • 麻酔によるアレルギーのある方
    ※今現在服用中のお薬がある方や今までアレルギー反応があった方は、必ずスタッフまでお申し付けください。

メンテナンスを怠った場合

FDA では、シリコンバッグの寿命を約 10 年と設定していますが、11 年以内にはどちらか片方のシリコンバッグは破損する可能性があると言われています。 シリコンバッグ豊胸においては、寿命を迎えた際に対処しておくことが重要ですが、必ずしも除去や入れ替えが必須ではありません。ただし、耐久性の観点からエコーでの破損の有無のチェックは必要になります。疑わしい場合は検診にお越しください。 また破損しているにもかかわらず放置してしまった場合は、以下のリスクがあります。

  • 胸が変形する
  • 胸が冷たくなる
  • 左右差が生まれてくる
  • 胸が硬くなってしまう
  • 感染を起こしてしまう

特にシリコンバッグ豊胸では、経年劣化を無視することができませんので、注意が必要です。

副作用

術後に以下の副作用が生じることがあります。
術後 2 週間くらいは腫れや内出血が起きやすい状態です。もし、腫れや内出血が現れても徐々に落ち着いていきますのでご安心ください。
バッグを入れることで元々あった左右の胸の形や大きさの差が強調されることがあります。
乳輪や乳頭に知覚異常をきたす場合があります。
まれにバッグが破損することがあります。
一般の手術と同様、まれに麻酔による副作用や感染のリスクがあります。
傷跡が目立ったりしびれなどの神経障害が生じることもあります。
治療の過程で皮膚が硬く感じられますが 3~6 か月程度は様子みてください。

ザロッポンギクリニックでは

ご希望されるバストの形・サイズだけでなく、全体的なボディーバランスからドクターが最も適した豊胸方法をご提案いたします。
乳房再建を多く経験したドクターに気兼ねなく相談してください。
カウンセリングの際には遠慮なくご要望をお聞かせください。

よくあるお問い合わせ

傷跡が残らないか心配です。
脂肪注入、吸引の傷はいずれも 数ミリであり、また衣類や下着に隠れる部位なので、目立ちにくいです。
また、シリコンバッグを挿入する傷は、脇の下、胸の下いずれも35~40ミリ程度であり、丁寧に縫合するため目立ちにくくなることが多いですが、体質によっては目立つ可能性はゼロではありません。
ダウンタイムはどんな感じですか?
2~3週間は腫れと内出血、筋肉痛に近い痛みがあり、その後、脂肪吸引箇所の拘縮があります。バストの完成としては3か月が見込まれます。運動は1か月間は激しい運動はお控えください。注入後1か月間は、バストを圧迫しないようにワイヤーなし下着を着用してください。
乳がん検診を受けることはできるのでしょうか?
自治体により対応が異なるため、まずは自治体にご確認ください。
また、豊胸手術を受けたことを必ず検診の時にお伝えください。申告せずにマンモグラフィーを受けた場合、バッグ破損のリスクがあります。
バッグ挿入後の左右差が気になるのですが、修正は可能でしょうか?
バッグ挿入後の左右差は、脂肪注入のみである程度改善する可能性もありますが、左右差が大きい場合はバッグを入れ替えたほうが望ましいケースもあります。 一度カウンセリングにお越しください。

脂肪豊胸とは

脂肪ならではの自然な柔らかさでナチュラルなバストに仕上がります

自身の太ももや下腹部から採取した脂肪を、豊胸に適した状態に加工してバストに注入する施術方法です。脂肪ならではの自然な柔らかさで、もとから存在していたかのようなナチュラルなバストに仕上がります。
また、太ももや下腹部の余分な脂肪を胸へ移植するため、バストアップと部分痩せが可能です。
アレルギーや拒絶反応が起こる可能性は低く、バストの感触や動きも自然で、定着した脂肪は半永久的なので無くなることもありません。
脂肪は乳腺以外の部位に移植するため授乳にほとんど影響なく、レントゲンや乳がん検診もなども安心してお受けいただけます。

このような方へおすすめ

  • 人工物を入れることに抵抗がある方
  • 出産または授乳後、胸が下垂してきた方
  • ハリがなくなった方
  • 半永久的な効果を求めたい方
  • 大きさだけでなく自然な触り心地を求める方
  • バストアップと痩身を同時にもとめる方

脂肪豊胸の特徴

ご自身の脂肪を注入することで、バストアップする手術です。そのため、見た目やさわり心地も自然なバストになります。
また、良質な脂肪のみを選別して注入することで定着率も高くなり、半永久的な効果が期待できます。

メリット
メリット

自然な見た目で違和感のない柔らかな感触に仕上がります。
ご自身の脂肪を吸引しますので、ダイエットでは痩せられない部分を細くすることができます。
脂肪は3か月後に吸収します。

デメリット
デメリット

一度にできるサイズアップが限られています。
また脂肪吸引によるダウンタイムも同時にあるため、少しつらいと感じる事があります。
シコリのリスクや定着率には個人差があるため、複数回お受けいただく可能性があります。

ザロク式 脂肪豊胸術のこだわり

乳房再建に秀でた形成外科専門医によるこだわりの豊胸術です
乳房再建に秀でた形成外科専門医によるこだわりの豊胸術です

  • 当院では、豊胸と乳房再建に秀でた形成外科専門医が見た目触り心地も自然なお胸になるようこだわりを持って豊胸術を行っております。
  • 術前に3Dシミュレーションを用いて患者様が術後のイメージしやすくし、安心して手術に臨めるように丁寧なカウンセリングを行っております
  • なるべく痛みが少ない状態で術後お過ごしいただけるように、手寧な手術を心がけ、術後の痛み止めも多数ご用意いたしております。
  • 傷口はなるべく目立たなくなるように最小限の大きさにし、丁寧な縫合をさせて頂いております。

脂肪豊胸手術の流れ

  1. 医師によるカウンセリング、デザイン

    医師から直接、どの方法で豊胸するか確認、選択します。施術が確定したら、治療方法や、ダウンタイム、日常生活でお気をつけて頂く点などをわかりやすく丁寧にご説明させて頂きます。

  2. 脂肪採取

    ご自身の脂肪採取するため脂肪吸引を行います。どこから脂肪を採取するかは脂肪が気になる部位から選べ、お腹やお尻、太ももを選ぶことが多いです。カニューレという専用の吸引棒を使用し、小さな切開口を作ってカニューレを挿入して脂肪細胞を吸引します。

  3. 脂肪注入

    採取した脂肪を遠心分離機にかけて不純物を除去して注入していきます。
    注入した脂肪はご自身のものであるため、一旦生着すれば自己組織となり半永久的に効果が持続します。脂肪注入は自身の脂肪を利用しているため生着率が高く、しこりができにくい方法で、拒否反応が起こることもほとんどないため、体にも負担が少ない治療とされています。

  4. 手術後のアフターフォロー

    脂肪注入は、施術後に内出血やむくみなどのダウンタイムが生じます。日常生活に大きな影響は出ませんが、ダウンタイムを送るのは楽ではありません。その点を踏まえて、内出血やむくみが出にくい環境やアフターフォローをしてくれる環境を選ぶのが理想です。バストの大まかな腫れや内出血は 1~2週間、1週間程度は痛みや腫れが続きます。大体、1ヵ月を過ぎると気にならなくなる。

脂肪豊胸の詳細

施術時間
約 40 分~60 分くらいです。
麻酔
全身麻酔、局所麻酔
痛み
痛みのピークは術後2日目あたりですが、処方の痛み止めで可能な痛みです。
腫れ・むくみ
血管やリンパ管の損傷が原因で一時的な腫れやむくみが出ます。
バストバンド固定
不要
シャワー
3日後くらいから可能
入浴
1週間後から可能
抜糸
5~7日後くらい
ダウンタイム
注入後はむくんでいるため、バストが膨らみすぎていると感じる場合がありますが、むくみは解消されます。
リスク
一般の手術と同様、まれに麻酔による副作用や感染のリスクがあります。
治療の過程で皮膚が硬く感じることがありますが、3~6か月程度は様子みてください。

注意点

下記に該当する方は、安全の観点から治療をお断りさせて頂いております。

  • 出産後 9か月未満の方
  • 乳腺感染症既往、疑いのある方
  • 重度の基礎疾患(心臓、腎臓、糖尿、循環器疾患)のある方
  • ケロイド体質の方
  • 抗凝固剤などの投与を受けている方
  • 皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • 麻酔によるアレルギーのある方
    ※今現在、服用中のお薬がある方や今までアレルギー反応があった方は、必ずスタッフまでお申し付けください。

副作用

術後に以下の副作用が生じることがあります。
術後2週間くらいは腫れや内出血が起きやすい状態です。もし、腫れや内出血が現れても徐々に落ち着いてきますのでご安心ください。

ザロッポンギクリニックでは

ご希望されるバストの形・サイズだけでなく、全体的なボディーバランスからドクターが最も適した豊胸方法をご提案いたします。乳房再建を多く経験したドクターに気兼ねなく相談してください。
カウンセリングの際には遠慮なくご要望をお聞かせください。

よくあるお問い合わせ

脂肪豊胸の痛みはどれくらいでしょうか?
施術中は全身麻酔や静脈麻酔で行うので、痛みを感じる事はありません。 術後も豊胸の痛みよりも脂肪吸引した箇所の方が長く痛みが出やすい傾向にあります。 脂肪吸引した量にもよりますが、吸引部位に筋肉痛のような痛みが、続くことが多いです。
入院は必要でしょうか?
日帰りの治療が可能ですので、入院は必要ありません。
手術後の傷跡は残りますか?
脂肪注入は注射器で行いますので、胸の傷跡は全くありません。脂肪吸引は目立たない場所を2~3mm切開しますので、小さな傷跡が残ります。
術後何日くらいで仕事に復帰できますか?
術後数日は筋肉痛や打ち身のような痛みがあります。軽いデスクワークであれば、施術翌日から復帰する方もいらっしゃいますが、立ち仕事などであれば体の負担を考えて2~3日は休んだ方が良いでしょう。診察の際にご相談ください。